仕分・保管業務イメージ

ピッキング

ピッキングイメージ

同じお客様から頂くご注文にも、季節・マーケットの変動等によってそれぞれ違いが生じ、その種類は無数にも及びます。
セイワ運輸はそれぞれのお客様のニーズ・タイミングに応じた仕分・梱包作業(ピースピッキング・ケースピッキング)を独自のシステムを用いてスピーディーかつ正確に対応することができます。


保管業務

セイワ運輸ではお客様からお預かりした商品それぞれにもっとも適した品質管理方法を選んで保管することにより、商品の鮮度保持および衛生管理を保っています。
小口化・多様化・特殊化するニーズに合わせて商品の種類も同じように増え続けている昨今において、セイワ運輸は商品の保管・管理を物流ビジネスにおいて輸送と同じように重要なポイントと考えています。

【低温物流管理システム】

冷凍・冷蔵輸送において重要とされるのは鮮度を保つ温度管理システムです。冷凍・チルドの2種類の保管方法でそれぞれの商品に最適な温度管理を行うことにより初めて安全な冷凍・冷蔵食品の全国配送が可能になります。
現在私たちが進めている冷凍冷蔵輸送は、物流センターの設備が完璧に同じレベルで統一されて、初めて完成しますので、既存の物流センターの設備拡充はもちろん、さらにきめ細やかな対応が求められています。
この温度体制の下、日々、多様化する商品の小口化にともない、それぞれに適した温度管理を行いながらお客様の求められる時間に適時配送を行っています。

冷凍庫(室温-25℃)
冷凍庫(室温-25℃)
チルド庫(室温±0℃)
チルド庫(室温±0℃)